コンテンツへスキップ

他の人工歯と比べても安定した使用感が得られます

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。
チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。
どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。
虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
参考サイト:歯 ホワイトニング 歯磨き粉