コンテンツへスキップ

自分の歯を何らかの原因で失った

インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。
そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。
人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。
義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。
代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
もっと詳しく>>>>>自宅でホワイトニングする為にはランキングサイトを使って調べます