コンテンツへスキップ

インプラント治療が適用されるケース

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。
一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。
それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。
インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。
こちらもおすすめ>>>>>歯を 白くする方法 自宅