コンテンツへスキップ

インプラントの治療件数が増えてきました。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
まれな症例として、手術後の死亡例もあります。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。
しかし、それは正しくありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。
参考にしたサイト⇒タバコで歯が黄ばみが残る