コンテンツへスキップ

人工歯根に義歯を装着するものです

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>茶色の歯専用の歯磨き粉で歯を磨く