コンテンツへスキップ

妊活の時に、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。
排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジしました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。
結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
友達の話ですが、彼女が妊活をしている時によく漢方を飲んでいたと思います。
彼女の話では、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。
漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に嬉しいです。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも良いと思います。
しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。
ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。
確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。
ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそれは違います。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを下げてくれるという意味では、妊娠初期が重要な期間だという事です。
ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
治療段階で判明する不妊の原因というと、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性側要因と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが想定されます。
更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。
きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、女性のみならず男性も検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。
病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこれらの食材を摂取することによって、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するそうです。
十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを推奨します。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。
厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、受胎前から妊娠初期の方には葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。
手軽に摂るならばサプリメントで葉酸を補給するのも良い選択だと思います。
一度流産を経験しました。
私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
今回の妊活では体づくりにも注意しました。
冷え性を治そうと運動で体の調子を整えることにしました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温が高くなったので、冷え性が改善したんです。
葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、葉酸以外の栄養素が25種類前後入っているものを選べば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので妊娠を希望している方は、サプリの摂取をお勧めします。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。
葉酸の適切な摂取は、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。
その場合にはサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが心掛けたいですね。
あわせて読むとおすすめ>>>>>おすすめの葉酸サプリを飲んで妊活しよう