コンテンツへスキップ

インプラント治療の問題点を広く調べたと思います

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。
それは気にしないでください。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
MRI検査への影響はありません。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。
しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。
注意してください。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。
そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。
自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
きちんと歯科医に相談することが大事です。
こちらもおすすめ⇒歯の黄ばみは除去しにくい