コンテンツへスキップ

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラント

治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。
しかし、難点もあるということに気を付けてください。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。
本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。
そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
お世話になってるサイト>>>>>ホワイトニングは歯科医院で効果が実感出来るようです